朝は起きる、んではなく立つ

朝の時間にまだ起きられない


最近ぼくが翌日気持ちよく起きれるために、前日の夜改善することとして、

①『家に帰ったら、まず何よりも先にシャワーを浴びる!』

を第一優先で実行を心がけてきたが、なかなか上手くいかない。

一見簡単そうに見えて、個人的にはとてもハードルが高い。
原因としては、
・帰ったらカバンからIpadを出して、ネットをする。
・メールチェックとネットを少し、と思ったが最後深夜2、3時まで気がつけば経つ
・その結果シャワーを浴びるのも深夜もしくは翌朝になる。

こんな感じいこう。翌日は罪悪感だけでなく、味わったことのない絶望感が襲ってくる(20歳前半は全くこんな感情生まれなかったのだけど)

しかし、なんとかこのステップ①を乗り切りたいので、帰ってきてもシャワーを浴びるまではカバンを開けない!を明日から実行します。

カバンさえ開けなければ、Ipadを取り出すこともなく、真っ先にシャワーへ向かうことが出来るはずだ。そう、全ての悪循環は『カバンを開ける』によって起きていたのだ。と仮定して、改善策を実行。
カバンを開けないことが解決に繋がるか疑問も多いが、日に日にベストな方法を探していこう。

起き方


今までどうしても起きる時間ばかり設定していて、目覚ましがなっても毎回上手く起床できず。
目覚まし時計をセットしても無意識のうちに停めているのか、鳴った記憶がいつもおぼろげ。
なので、ネット上で良い方法は無いものかと探していたところ、見つけました。こんなぼくにでも出来そうなシンプルな方法が。それは、

朝起きて『両足で立つ』

確かに考えてみると頭が起きた!と感じるのは歯を磨いている時や、キッチンでお湯を沸かしていた時など、思い返すとどの場面でも直立状態。
なるほど、そう考えると尚更納得。なので (①朝)を明日から実行。
『何秒以上立つ』とか特に決めずに、とりあえず立つ!立つことに全意識を集中して明朝を迎えてみる。

もう一度、整理


①夜) 帰ってすぐシャワー 【シャワー浴びるまでカバンを開けない】
②夜) 22時以降はネットしない

①朝)目覚めたら両足で立つ

この3つを自分の生活に取り入れて、規則正しい生活に一歩でも近くなるように。

朝起きることだけが目的になってきている気もゼロではないけど、生まれて初めての朝時間を満喫したい! と言いたい!それに尽きる!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。